賃貸の設備に関して

賃貸の備え付け家具とは

トップ

賃貸の設備に関する情報

新着情報

賃貸住宅経営とエアコン

家賃収入というとあこがれの不労所得ですが、入居者がいなければ収入は入らず、一方で管理費や固定資産税、借り入れがあれば返済などの支出は待ってくれません。賃貸経営の最大のリスク、空室を避けるために付加価値を付けることは大切です。住宅に入居する人は、契約時に敷金、礼金や仲介料といった初期費用に加えて、引越代など、多額のお金が必要です。エアコンのような高額な住宅設備を買いそろえるのは負担になるし、退去するときは外して持っていくのも費用が掛かります。入居者が設置すると、退去時の取り外しで壁に跡が残るなど、賃貸そのもののダメージになる可能性がある一方、エアコンが付いていることは入居者へのアピールになるので一石二鳥です。

バケツと花

エアコンのある賃貸について

部屋探しをしていると、エアコンが付いている賃貸物件とそうでない物件とがあります。付いている物件の方が家賃が高い傾向にありますが、やはり最初から備え付けられていると便利ですから魅力的に感じる人も多いです。しかし、家が古い場合、備え付けのエアコンもかなり古く、電気代が高額になる場合があります。それぐらいならば、自分で購入して取り付けたほうが長い目で見ればお得になる場合もありますからよく検討してください。新築のアパートや賃貸マンションの場合は当然最新のものが備え付けられていますから迷わず備えつけのある物件を選ぶことをおすすめします。